「雲のやすらぎ」に合うベッドフレーム間違いなくすのこタイプ

「雲のやすらぎ」をベッドフレームで使用する場合、すのこタイプが1番オススメです。

「雲のやすらぎ」敷布団タイプですので、もちろん床の上、畳の上などにそのまま敷いても問題なく使用できます。ベッドマットレスの上に置くのも、ベッドフレームに直接置くのも可能です。

その中でも、最も効率的に使用できるのはベッドフレームに直接置いて使用する方法でしょう。

その中でも、間違いなくオススメなのが、「雲のやすらぎ」にもデメリットはあります。でも、度々登場したすのこタイプのベッドフレームです。

その理由は、睡眠時の通気性や快適性、メンテナンス面などの機能性から考えてもすのこベッドが断トツで優れているからです。

①「雲のやすらぎ」の通気性を最大限に活かせる

「雲のやすらぎ」の通気性は非常に高く、睡眠時にかいた多くの汗による湿気が上から下へと流れやすい独自の構造になっているので、マットレス自体に湿気が溜まりにくく、ムレにくくなっています。

しかし、床や畳の上にそのまま置いたりするとそれが仇となり、湿気が下に流れる分、床に接した底面に湿気が逃げきれずに溜まってしまい、それがカビやダニの原因になってしまうのです。

すのこタイプのベッドフレームなら、そのような底面に溜まる湿気を効率的に排出してくれるので、カビやダニの発生を防いで常に清潔に保つことができるのです。

②ヘタったり、変形しにくい

すのこは木なのでヘタったり、凹んでしまうということがありません。

ベッドマットレスの上に「雲のやすらぎ」を置く場合、土台のベッドマットレス自体がヘタっていると、そのヘタったときの形に「雲のやすらぎ」も変形してしまい、理想の寝姿勢を維持できないのに加えて、体圧分散性も低下し、「雲のやすらぎ」の効果を最大限に発揮ことができないのです。

③収納もできて、お部屋がスッキリ

最近のすのこタイプのベッドフレームには、下が引き出しや収納になっているものがけっこう多いので、そういうものを選ぶと、より部屋をスッキリと広く使うこともできます。

 

ただ、他の使用方法が間違いというわけではありません。以下のことを意識するとすのこベッドフレームと同等の効果が得られます。

・床や畳の上に置く場合はこまめに立て掛けたりしてムレを防ぐ。

・ベッドマットレスの上に置く場合はそこにヘタリや凹みがないのを必ずチェックするようにする

・除湿シートを使用する

 

すのこタイプのベッドフレームなら、すべてそれらの手間を省くことができるので、ぜひオススメしたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です