「雲のやすらぎ」と「六角脳枕」をセットで快眠効果倍増?

「雲のやすらぎ」には、実は付属のような商品で枕が存在するんです。

その名も…
「六角脳枕」といいます。

これを使用することにより、腰痛に加えて首こり、肩こり、頭痛等にも対応することができるんです。

肩こりで悩んでいる方は、しっかり寝ても朝起きたときに頭が痛い、肩が重いというようなことが多々あるかと思います。

その原因の一つとして、枕が合っていないということをよく耳にします。

枕が合っていないというのは具体的にどういうことなのでしょうか?

・枕が高すぎる

枕が高すぎると、首と肩の筋肉が常に収縮している状態になります。つまり、睡眠時も仕事の時と同じ負担がかかり続けるということなのです。

また、気道が狭くなり十分に呼吸できなくなるので、睡眠の質も悪くなります。

・枕が低すぎる

枕が低すぎると、逆に首の骨が過度に湾曲しすぎてしまいます。そうなると、首の骨に負担が集中しすぎて、ひどければ頸椎の異常(狭窄症やヘルニア)となり肩こりに加えて手に痺れが出てきたなどのやっかいな症状になることもあります。

・寝返りがうまくできていない

寝返りをスムーズに行う為には仰向けのときと、寝返りを打ち横向きになったときの頭の高さを一定に保つ必要があります。

しかし、枕が高すぎたり、低すぎたりすると仰向けにらなったときとら横向きになったで頭の高さがその都度変化してしまうために首に余計な負担をかけてしまうのです

 

なぜ「六角脳枕」は肩こり、首こり、頭痛に効果があるの?

1. 独自開発の素材により頭、首、肩への負担を軽減

「六角脳枕」では、独自開発の低反発マイクロウェーブ素材が採用されていますので、首、頭の形にピタッとフィットし、負担を極限まで軽減してくれます。

また、低反発は通常温度の変化に弱く、夏と冬で硬さが全く違い、効果が季節によって変化してしまいますが、この「六角脳枕」の低反発マイクロウェーブ素材は温度によって硬さが変化しづらくなるよう研究され、独自開発された新素材なので、年中同じ効果を得ることができるのです。

 

2. Wの凹凸構造によりスムーズな寝返りを実現

「六角脳枕」では、中心が仰向け時に安定するよう凸の構造、横向きになる際はどちらに向いてもスムーズに寝返りができるように両サイドが凹んだ構造になっています。

これにより、仰向けだけでなく横向きでの頭、首、肩への負担も軽減できるのです。

 

3. 適度なひんやり感で、寝つきやすさも抜群

頭が温まった状態から冷めていくこの温度変化をスムーズにすると、寝つきが良くなり質の良い睡眠をとることができると言われています。

「六角脳枕」では、凹の部分に冷た過ぎず、体温より冷たい保冷剤が内蔵されています。これにより、温まった体からの血流が頭を巡ったときに程よく冷やしてくれます。そして再び体に血流を送り出しやすくし、循環をよくすることで寝つきやすくなり、睡眠の質が向上するのです。

また、「雲のやすらぎ」を同時に使用すると、高級羊毛のロレーヌダウンの保温力でさらに体が温まりやすくなり、より循環をよくすることができるのです。

 

価格は?

「六角脳枕」を単体で購入すると、通常価格は21,000円ですが、今回特別価格で19,800円とお得になっています。

なんと、「雲のやすらぎ」とセットで購入すると、さらに特別価格で購入することができます。

 

この「雲のやすらぎ」と「六角脳枕」の究極コンビが手を組むことで、体の痛み改善効果もより高いレベルで発揮できることでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です