旧「雲のやすらぎ」と「雲のやすらぎプレミアム」の違いは?

「雲のやすらぎ」は正確に言うと、「雲のやすらぎプレミアム」といいます。実はこれ、2016年8月からバージョンアップしたものなんです。

旧「雲のやすらぎ」と「雲のやすらぎプレミアム」はどこが変わった?

1.体圧分散性が大幅にアップ

旧「雲のやすらぎ」では、5層構造のうち2層目、4層目の凹凸アルファマット(縦の繊維)がしっかりと体を支え、それに挟まれるように3層目(中心部)のサイドスプレッドマット(横の繊維)が上からの圧力を横方向逃すという独自開発のクロスクラウド製法が採用されていました。これにより、体圧を分散し体への負担を軽減させ上質な寝心地を実現していました。

旧「雲のやすらぎ」

 

「雲のやすらぎプレミアム」では、これがさらに進化しました。

まず2層目、4層目の凹凸アルファマット35mmから50mmに分厚く改良され、より点で体を支える力が増しました。また、3層目(中心部)のサイドスプレッドマット高反発スプリングマットへ変更され、体を押し返す反発力が増しました。

「雲のやすらぎプレミアム」

このように、

・分厚く改良されたアルファマットの縦の凹凸が、寝具と接する筋肉が緊張しないよう点で体を支え体圧を分散し、

・高反発スプリングマットの反発力で、寝ている間に緩んでしまう筋肉のかわりになるように背骨をしっかりと押し上げ、どの体勢でも理想的な姿勢が保つ

これを新クロスクラウド製法

といいます。

 

これにより体圧分散も旧「雲のやすらぎ」よりも1.28倍上昇する結果となり、寝返りが非常にしやすく、腰痛等の改善効果も格段に向上したのです。

しっかりと支える、しっかり押し返すと聞くと硬すぎるようにイメージしてしまう方も多いかもしれません。

しかし、実際は名前の通り雲のようにふわっと体を包み込んでくれるような感覚で寝心地は抜群です。また、筋肉と同じぐらいの硬さということなので、硬すぎず柔らかすぎずで人の体にはちょうどいい硬さと言えると思います。

実際に硬さの数値を確認してみたところ150Nということでした。これは、腰痛改善効果という意味でも、体重が45kg〜80kgぐらいの人に適した硬さなので、広い範囲の人に対応できるのです。

ちなみに、自分は体重が80kgより重い!という方でも、効果は得られますが、不安な方は「雲のやすらぎ」とは違いますが、こちらを参考にしてみて下さい。

「モットン」は硬さを選べる

 

2.耐久性が大幅にアップ

旧「雲のやすらぎ」 では、口コミでもヘタりやすい、凹みやすいという意見が多数あげられており、重大なデメリットの一つでした。

しかしバージョンアップ後、3層目に採用された高反発スプリングマットは、素材は独自開発の高反発ウレタンフォームが使われており、この素材に繰り返し圧迫試験を8万回も行った結果、厚みの低下率0.1%という驚異的な数値を叩き出しました。

また、第三者検査機関にて圧縮弾性試験を行なった結果、こちらもまた驚異の復元率100%という数値を叩き出したのです。

これにより、耐久性の低さであるデメリットは完全に克服したと言えるでしょう。

従来では、寿命は3年程度と言われていました。4万円も出して3年しかもたないとなるとやはりなかなか購入までの一歩が踏み出せない方も多かったと思いますので、このバージョンアップは非常に大きいと思われます。

それに今では100日間の全額返金保障もついていますので、購入を決断する後押しとなるでしょう。

迷っていた方、この機会にもう一度購入を検討されてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です